ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宮城県議会震災記録誌

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月1日更新

 

宮城県議会震災記録誌 -東日本大震災発災から3年間の宮城県議会のあゆみ-

 宮城県議会では,東日本大震災という未曾有の災害を最も間近で体験した県議会として,その経験と当時感じた思いを後世に伝えていく責務があると考え,発災から3年間の議会活動について記録し,その活動を検証した「宮城県議会震災記録誌」について,平成26年2月から議会改革推進会議で協議を行い,平成27年3月に発刊いたしました。

宮城県議会震災記録誌

記録誌表紙イメージ宮城県議会震災記録誌 [7.79MB] (PDFファイル A4・168ページ)


 分割したもの(すべてPDFファイル)

 表紙・目次など[1.15MB]
  第1章 [967KB]
  第2章第1節 [1.06MB] 
      第2節その1 [PDF1.6MB] その2[1.19MB] その3 [1.25MB] その4 [765KB]
      第3節から第6節まで [1.2MB]
  第3章 [1.13MB]
  参考資料 (表紙,委員会名簿) [1019KB] (委員会要綱) [492KB] (要望書) [3.7MB] 
         (決議・意見書) [723KB] (アンケート・編集後記) [1.38MB]
  裏表紙 [959KB]


報告の様子
 (議会改革推進会議正副委員長から正副議長への報告の様子)

参考

 (平成27年10月1日追記)
   この記録誌の提言をもとに,「宮城県災害対応マニュアル」を平成27年9月に策定しました。


議会改革推進会議のページへ