ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

松島自然の家再建事業に係る説明会

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月1日更新

東日本大震災における津波被害により全壊した県立社会教育施設「松島自然の家」については,東松島市宮戸地区(宮戸小学校[平成28年4月に野蒜小学校と再編予定]跡地及びその隣接地)への移転再建を進めており,平成28年度からの野外活動フィールド再開,平成31年度からの全面再開を目標としているところです。

敷地造成及び施設建築の工事内容及びスケジュール等について,建設予定地の近隣の皆様にお知らせするため,説明会を開催します。

建築工事説明会

平成27年12月21日開催

野外活動フィールドの再開に向け,施設の建築工事に着手する予定であることから,工事内容及びスケジュール等について説明会を開催しました。

会場

東松島市宮戸市民センター (東松島市宮戸字里81-18)

内容

  1. 開会挨拶
  • 主催者: 宮城県教育庁参事兼生涯学習課長
  • 来賓: 宮城県議会議員,東松島市議会議員
  1. 説明
  • 施設の概要
  • 事業の進捗状況
  • 今後のスケジュール
  • 野外活動フィールド施設建築工事
  1. 質疑・応答
  • 避難所としての活用
  • 地域への施設開放
  • 県道交通安全対策
  • 宮戸小学校の石碑・記念碑
  • 県道を横断する歩道橋の設置
  • 夜間の施設の安全確保
  • 大高森登山道にある薬師堂の修繕
  • 本館オープン時の地元からの雇用等
  1. 閉会挨拶
  • 主催者: 松島自然の家所長

県参事挨拶説明会の様子