ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宮城県家庭教育支援チーム派遣事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月9日更新

 平成28年度事業

保護者対象

派遣事業の様子

ふどうどう幼稚園(美里町)

ふどうどう

志引保育所(多賀城市)

志引

 若林区中央市民センター(仙台市)

若林区


一迫幼稚園(栗原市)

一迫幼稚園

高清水幼稚園(栗原市)

高清水幼稚園

岩出山保育所(大崎市)

岩出山保育所

白石第二幼稚園(白石市)

白石第二

多賀城中学校(多賀城市)

多賀城中

<参加者の感想>

  • 頭ではこうしたらいいと描けていても,自分に心の余裕がないとイライラしたり,子どもの話をしっかり聞いてあげられなくなってしまうということ。肩の力を抜いて,少しでもゆとりのある子育てができたらと思いました。参加して良かったです。ありがとうございました。
  • みんなで話し合ったり,本を見たり,歌ったりと楽しくほっとできる時間を過ごせました。子どものことをもっと見て,心の声を聞こうと思いました。カードもすてきでした。ありがとうございました。
  • 「ママがおこるとかなしいの」の絵本で,今の自分の子どもに対する態度を考えさせられました。
  • 一人ひとりの皆さんが一生懸命考えて悩んで,みんなに支えられて生きているということ。いろんな方法を知り,学び,取り入れて,それぞれが自信をもって,十人十色の子育てを楽しく気づきながら,悩みながらでも,頑張って夢を持って生きていければいいと思いました。ありがとうございました。 
  • 皆良かったですが,特にメグちゃんのステージがいろいろと考えさせられました。絵本の読み聞かせとオカリナが良かったです。係の人が皆温かくて優しいので本当にリラックスして受けられました。どうもありがとうございました。 

中学生対象

派遣事業の様子
高清水中学校利府西中学校

 

高清水中

 

利府西中

<参加者の感想>

  • 自分の夢を書くとき,自分はこれから何をしなければいけないか再認識できた。
  • 親の苦労などあんまり気にしてはいなかったが、こんな大切な思いをさせてきたんだと思った。
  • 心に残っていることを書き出すというワークで思ったよりも思い出があってどれを書けばいいかと悩んだ。この活動であらためて色んなことをやってきたなと再認識することができて良かった。
  • 自分は14年間,たくさんの出来事があって,たくさんの人に支えられて生きていたんだと再認識できました。自分は幸せだと気付くことができた。
  • いつもと違う視点で未来について考えられたのでとてもいいことを学べた。小学校でも同じようなことをしたが,違う考え方を得られたのでこの経験を実現できるようにしたい。

高校生対象

派遣事業の様子
涌谷高等学校白石高等学校
涌谷11
涌谷2

白石2

涌谷3白石3

<参加者の感想>

  • 親になることは本当に簡単なことじゃないし,むしろ大変なことばかりだと思うけど,それ以上に幸せを沢山得られるような母親になりたいと今日思いました。
  • 赤ちゃんを抱っこしたのはとても印象的でした。実際の大きさ,重さがどれくらいなのか分かりとてもいい経験ができました。私が親になった時には、しっかりと子どもを思っての行動ができるようにしたいです。ありがとうございました。
  • 人と人との繋がりがどれだけ大切かを知ることができた。これから出会う人たちを大切にしたい。
  • 今まで数え切れない人々と出会い,助けられ,関わって生きてきた。これからもそんな日々が続いていくから,人との関わりを大切にしていきたいと改めて感じた。
  • 悩んでいる子どもへのアドバイスを考えるって,結構大変なんだなと思った。いつも相談に乗ってくれているお母さんも,すごく私のことを考えて,聞いて答えてくれているんだと気づけた。私がもし親になるときは,お母さんみたいな子どもに寄り添ってあげられる親になりたい。