ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

防災キャンプ推進事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月25日更新

 自然災害等に主体的に対応してたくましく生き抜こうとする青少年の育成と,地域防災力の基盤となる地域コミュニティを醸成することをねらいとして,避難生活体験型の『防災キャンプ』実施します。

概要

 災害や被災時の対応の理解,学校等を避難所とした生活体験等の防災教育プログラムの実践をとおして,防災教育の観点に立った青少年の体験活動を推進します。

平成28年度の取組

地域防災フォーラムを開催します!!

 「地域防災力」を高めるための,地域・学校・行政の連携のあり方と,リーダーの役割について一緒に考えてみませんか。

  日 時 平成29年1月19日(木曜日) 13時00分~                                                                                                   

  場所 東北歴史博物館   多賀城市高崎1丁目22-1

  内 容 平成28年度委託された3つの市の実践事例発表

       「地域防災力を高める」~先進的な防災キャンプから学ぶ~

       <平成28年度委託市> 五十音順

        大崎市:地域(公民館)が中心となって、学校・行政と連携しながら地域防災力を高める取組

        多賀城市:地域(公民館)が中心となって青少年と地域住民の防災力を高める取組 

        東松島市:行政が中心となって青少年の防災力を高める取組

       パネルディスカッション

       「地域・学校・行政をつなげる力」

                 ~地域防災力を高めるキーパーソンについて考える~

        コーディネーター  宮城教育大学 学長付特任教授         野澤  令照氏

        パネリスト       復興庁男女共同参画班 政策調査官     上吉原 良実氏

        パネリスト       岩沼市教育委員会 参事兼学校教育課長 佐藤    修司氏

        パネリスト       成田中学校ささえ隊 コーディネーター    増田 恵美子氏

  申 込 下記あて,電話またはFAX,E-mailでお申込ください。

       〈必要事項〉お名前,連絡先,(所属先)     

       ※お申込いただいた方には事前の連絡はいたしませんので,当日,直接会場にお越しください。

  申込先  宮城県教育庁生涯学習課社会教育推進班   

                 所在地  〒980-8423 仙台市青葉区本町三丁目8-1

                 電 話:  022-211-3654      FAX:  022-211-3697

        E-mail:syogake@pref.miyagi.jp

  チラシはこちら→地域防災フォーラムinみやぎチラシ&申込書 [PDFファイル/2MB]

 

防災キャンプ指導者研修会を開催します!!

    防災・減災の知識や実践力を高め,地域防災に貢献できる人材を育成します。

   期 日 平成28年10月28日(金曜日)  主に教職員,行政職員対象

                  29日(土曜日)  主に一般県民対象               

   必ずこの限りではありません。

   場所 松島自然の家(旧宮戸小学校)

   

今年度の委託先

  県内の3つの市町村が地域・学校・行政が連携した独自の防災キャンプを展開します。

    ・大崎市(清滝公民館を中心とした防災キャンプ)

    ・多賀城市(大代公民館を中心とした防災キャンプ)

    ・東松島市(ジュニア・リーダーやイン・リーダーの研修会とタイアップさせた防災キャンプ)

平成27年度の取組

  •  蔵王町防災キャンプ 〔蔵王町〕
  •  川崎町富岡中学校防災キャンプ 〔川崎町〕
  •  西野地区水の里防災訓練 〔登米市〕

地域防災フォーラム in みやぎ[PDFファイル/2.2MB]

 住民一人一人が地域の担い手として災害に立ち向かう力,『地域防災力』が求められています。このことから,地域・学校・行政が連携して取り組む防災キャンプのあり方について考えます。

  • 日時  平成28年1月15日(金曜日) 13時30分~16時30分
  • 会場  東北歴史博物館 講堂
  • 概要  防災キャンプ事例発表(蔵王町・川崎町・登米市)
        講演「地域・学校・行政が連携した体験活動を通して「地域防災力」を高める!」  

平成26年度の取組

体験的に学ぶ防災教育推進フォーラム[PDFファイル/733KB]

平成25年度の取組 

体験的に学ぶ防災教育推進フォーラム[PDFファイル/627KB]

平成24年度の取組

 体験的な防災教育プログラムの開発と実践手法の構築を推進するため,県立自然の家で「防災キャンプ」を実施しました。

体験型防災教育プログラムのススメ 

 県立自然の家では,体験型防災教育プログラムを実施しています。学校教育をはじめ,PTA行事や子ども会行事,地域行事等でも実施可能な内容です。
 詳しくは,各自然の家にお問い合わせください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)