ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす子育て・教育生涯学習家庭教育家庭教育,青少年・青年・成人教育平成30年度第3回宮城県家庭教育支援チーム連絡会議・研修会を開催しました
トップページ分類でさがす子育て・教育子育て子育て支援家庭教育,青少年・青年・成人教育平成30年度第3回宮城県家庭教育支援チーム連絡会議・研修会を開催しました

平成30年度第3回宮城県家庭教育支援チーム連絡会議・研修会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月29日更新

平成30年10 月25日(木曜日)に本町第3分庁舎において,「平成30年度第3回宮城県家庭教育支援チーム連絡会議・研修会」を開催しました。宮城県家庭教育支援チーム員及び宮城県家庭教育支援チーム協議委員,各市町村行政担当等,合計50人が参加し,各圏域ごとのグループで『親のみちしるべ』の時短版の作成から実践まで行い,市町村での『親のみちしるべ』の活用について研修を深めました。

研修会概要

●講義 「『親のみちしるべ』を実践する上で大切なファシリテーターの心得」
 <講師>生涯学習課社会教育推進班

●演習1 「『親のみちしるべ』時短版の作成」
   <講師>県家庭教育支援チーム協議委員 

●演習2「『親のみちしるべ』時短版の実践」
  <講師>県家庭教育支援チーム協議委員

研修会の感想

  • 実際に作る,体験するといった研修が大変勉強になりました。別のステージもやってみたいので今日のような研修会を是非お願いします。
     
  • メインファシリテーターの大変さ,かなり細かく作業等を分けて指示しないとやる側に伝わらないということが改めて実感できました。新しいアイスブレイクの仕方も知ることができて良かったです。
     
  • 結構難しい実践でした。何かするときにはこのように事前に準備が大きいということは以前から経験として分かっていたのですが新しいことに取り組むことの一歩は大変です。
     
  • ねらいをずらさずに時短版を作ることが非常に難しかった。でも実際にやってみる研修は緊張し,集中し,実り多いものです。とても充実した時間でした。
     
  • 今日の研修が,家庭教育支援チーム研修会の肝だと思います。まずは,プログラムを知ること学ぶ実践してみる,圏域ごとでもいいので年に数回はこの機会があればいいと思います。
 研修会の様子

全体1

        時短版の作成の様子

                            

 

全体2

        時短版の実践の様子1

     

全体3

        時短版の実践の様子2

全体4

          時短版の実践の様子3