ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第1回宮城県家庭教育支援チーム研修会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月9日更新

平成28年5月10日(火曜日)に宮城県庁において,「平成28年度第1回宮城県家庭教育支援チーム研修会」を開催しました。宮城県家庭教育支援チーム員及び宮城県家庭教育支援チーム協議委員,各市町村行政担当等,合計71人が参加し,宮城県家庭教育支援チームの活動をとおした,各市町村の家庭教育支援の振興について研修しました。

研修会概要

●基調講演 「親子の笑顔を育む力」
 <講師>NPO法人やまがた育児サークルランド 代表 野口比呂美 氏
       (NPO法人子育てひろば全国連絡協議会 副理事長)

●平成28年度 宮城県家庭教育支援施策について〔生涯学習課〕

●講義・演習 宮城県版親の学びのプログラム「親のみちしるべ」教材の取扱い
         ~「子どもが小学校へ入学」の展開例~
 <講師>東北大学大学院経済学研究科 専任講師 石垣政裕 氏
       (お父さんたちのネットワーク世話人)

研修会の様子

  • 教育部門,子育て部門,他関係機関,地域のサポーターのつながりの大切さを改めて感じました。早速顔の見える関係づくりをしたいと思います。
  • これから活用できる事例を聞くこともでき,勉強になりました。他市町村のみなさんとも交流していきたいと思います。
  • 家庭教育支援の重要性を改めて感じることができました。特に,最後のワークショップでは子ども同様,親のサポートの大切さを感じることができました。
  • 親に対しても「安心できる場」「話せる場」を設けていくことが必要で,そのためにどんなことができるのか,沢山のヒントをお聞きすることができました。
  • 「家庭教育支援チーム」「親のみちしるべ」について,各自治体(市町村)でさらに定着させていけるといいと思いました。