ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす子育て・教育生涯学習生涯学習家庭教育,青少年・青年・成人教育平成28年度子育てサポーターリーダー養成講座(第1回)を開催しました
トップページ分類でさがす子育て・教育子育て子育て支援家庭教育,青少年・青年・成人教育平成28年度子育てサポーターリーダー養成講座(第1回)を開催しました

平成28年度子育てサポーターリーダー養成講座(第1回)を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月7日更新

 平成28年9月6日(火曜日)に宮城県行政庁舎みやぎ広報室において,「平成28年度子育てサポーターリーダー養成講座(第1回)」を開催しました。県内各市町村から57名の子育てサポーター・子育てサポーターリーダー及び家庭教育支援関係者が集まり,子育てと家庭教育の現状について考えたり,ファシリテーションやアイスブレイクの手法について研修しました。

研修会概要

子育てと家庭教育の現状と課題

<講師>
宮城県保健福祉部子育て支援課子育て政策専門監  大竹幸恵 氏

相手の気持ちを導く手法~アイスブレイクとファシリテーション

<講師>
NPO法人日本ファシリテーション協会  中西百合 氏

大竹専門監中西氏参加者1

 

参加者の事後アンケート

<原文のまま>

  • とても分かりやすく楽しい研修で役にたった。
  • 少子化問題に対策している中で,待機児童がなかなか減らないという難しさを感じる。アイスブレイクは,自分が知っているものをただ行っていて,目標・目的まで考えていなかった。もっと数多く取得し,多くの引き出しを持てるようにしたい。
  • 講師の先生方のすばらしい講座等々とても参考になった。これからの研修が楽しみになってきた。
  • 「家庭教育支援チーム」なるものがあることに驚いた。お年寄りだけの世帯,核家族の増える時代,何とか問題解決になるよう,みんなで協力できればと思う。
  • 「家庭教育を取り巻く社会の課題」や「家庭教育に求められているもの」について知ることができた。今後の活動に活かしていきたい。
  • 改めて子育て支援がいろいろあることが分かった。必要としている人たちが身近に気軽に相談できるように,知る機会があったら良いと思う。そして,私自身が話しやすい人になりたいと思う。
  • 初めて言葉が出てきたが,その意味を知っただけでも良かった。和やかにそしてスムーズによういろいろなスキルを身につけていきたい。
  • 楽しい雰囲気の中で「学べて良かった。参加して良かった。」と思える研修会であった。