ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす子育て・教育生涯学習家庭教育家庭教育,青少年・青年・成人教育第2回子育てサポーターリーダーネットワーク研修会を開催しました
トップページ分類でさがす子育て・教育子育て子育て支援家庭教育,青少年・青年・成人教育第2回子育てサポーターリーダーネットワーク研修会を開催しました

第2回子育てサポーターリーダーネットワーク研修会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月1日更新

平成28年2月19日(金曜日)に県自治会館において,「平成27年度第2回子育てサポーターリーダーネットワーク研修会」を開催しました。県内各市町村から79名の子育てサポーターリーダー及び家庭教育支援関係行政担当者(保健福祉部門,教育委員会)が集まり,基調講演を通して学んだり,グループワークによる演習や講義を通して今後の活動の手立てを考えたりしました。

研修会概要[PDFファイル/1.1MB]

講演              

  • 演題 『親子に寄り添う支援者であるために』
  • 講師 認定NPO法人マミーズ・ネット 理事長 中條美奈子 氏
    (NPO法人子育てひろば全国連絡協議会 理事)

講義・演習

  • 演題 『幼児期における親子間の愛着形成の促進』
  • 講師 国立大学法人宮城教育大学学校教育講座 准教授 越中康治 氏

中條氏中條氏参加者中條氏
演習の様子演習の様子演習成果の発表越中氏
  

参加者の事後アンケート

一部抜粋

  • とても有意義な研修会でした。本当に中身が濃く,今までの中でも1番good。家庭教育支援に取り組む中で,夢中になる為に誤解する危険性に改めて気付かされました。本当にありがとうございました。次回も期待します。
  • 中條先生の講演も越中先生の講話も楽しく拝聴できました。これからの支援する上での参考になりました。ありがとうございました。
  • 中條先生の講義から,子育て支援の根幹を学べました。肩の力を抜いて今後はたくさんの方々に,今日の学びを参考にお手伝いしたいと思います。カウンセリングマインドとは,の気付きがあり,心理カウンセリングの心得を学ぶことができました。
  • 中條先生の行動力,すばらしいと思います。私も少しでも子育て支援に役立てていきたいと思いました。また,ご自身の体験談も参考になりました。たくさんの方の意見を聞いて,気付かされたこともあった。出来ないことを責めるのではなく,できるように応援するのが大事だと改めて思いました。
  • 中條先生のご自身の歴史もお聞かせいただけて,親しみが湧きました。活動を始めたきっかけ・・・自分自身にとりましても原点を大切にしていきたいです。越中先生の講義と演習,楽しみながら気付きをいただきました。「~べき」「~のはず」にとらわれ過ぎず,主体性と協調性をバランスよく活動に生かしていきたいです。ファシリテーションの技術,知識,経験はとても重要ですが,それ以前に仲間の皆様,依頼者,参加者の気持ちをくむ豊かな心を持ち続けていきます。
  • 中條先生の話から,一人の勇気が希望となり形となった心情に拍手です。私たちの小さい行動に夢が湧いてきました。
  • 中條先生のお話しでは,今と昔の状況の違いが子育てにも大きく影響していることや,子育て中に孤独になってしまった経験,そこからどう社会へ出て行ったかなど,市としてどう支援していったらよいか考えさせられるものでした。越中先生のお話しでは,親子間,支援者とそれを受ける側の間には信頼関係が必要で,行政の立場として市民の方々の立場に立って,共感・尊重を大切にしていきたいと感じました。どちらの先生からもとても興味深い,学びのあるお話しをいただき,充実した研修でした。
  • 中條先生のお話しは,内容が理解し易く,目からウロコでした。子育ての親御さんの少しでも手助けになれるよう,細く長く活動してゆけたらと思いました。大変有意義な時間となりました。
  • 午前中の講話はわかりやすく,これからどのように支援していけばよいのかが楽しく聞くことができました。センターの取組み,広場の立ち上げ,サークルへの支え等,うなずきながら聞くことができました。「ありがとう」の大切さを知りました。演習は,いろいろなまとめ方があることを知りました。柔軟性を感じました。
  • 大人が成長していくことをしなくなっては,子どもは成長しない。自分の居場所を作りながら他との関係を作り,また,それを支援していく立場になるための取組みや考えを聞くことができ,勉強になった。また,学ぶ土台の中心となるお話しを聞きありがとうございました。これからも自分がかかわれる所で伝えていけるようにしていきたいです。
  • 親子に寄り添うイコール家族に寄り添う支援ができるように心がけたいと思います。信頼と共感,無条件の肯定的配慮の大切さとしみじみ感じました。笑いあり楽しい研修会でした。
  • 行政に入り,いつのまにかマイナス思考が先行している自分に気付いた。サポーターリーダーの方々は共感やプラス的な見方をたくさんされている。この雰囲気に触れたことで視野が広がった。
  • 今日の2人のお話しを聞いて,“子ども育てる”上で大切なことを改めて感じた。「子育て・教育における2つの立場」「愛着」「カウンセリングマインド」と,大変役に立った。
  • 今日の研修会で中條先生のお話しを聞けたこと,感謝です。実践されている方でなければ言えない貴重な話をありがとうございました。
  • 午前,午後とも大変勉強になる講義でした。家庭教育支援に携わっている方,子育て最中の方が自己有用感を持てるよう支援していきたいと再確認することができました。
  • 午前の研修では,ここに行けば子育て中の人と会える,情報が集まる場所,つなげてくれる所,そんな場所が少ない我が町,横のつながりをもっと大事にがんばっていきたい。午後の研修もグループワークも楽しく,先生の話もとても分かり易く,とても勉強になりました。自分もスキルアップして子育て支援に努力していきたいと思います。
  • 子育て支援は楽しく明るく!子どもの周りにいい大人が,おもしろい大人が,憧れを持たれる大人が,たくさんになります様に!! 「がんばろう」という気持ちが湧きました。
  • 子育ての昔の今の違いでいつも戸惑うことがあります。今回この研修に初めて参加させていただき,色々と感じることがありました。でも楽しく支援できればと思います。3才の孫と同居しておりますが,親も私にも自分では気付かなかったこともあり,復習として聞かせていただきました。余裕をもって孫の成長を一緒にできればと思います。サポーター1年生ですが,今日は有意義でした。
  • 子どもを変えるのではなく,親が変わっていかねば。
  • 子どもを取り巻く回りが変わったことにより,子ども自身が変わった。子どもの持つ潜在的な力を信じたいと改めて思いました。
  • 今年度サポーターリーダー研修会に参加し,とても勉強になりました。越中先生のお話しはサポーター側にも様々な価値観があることを知るよい時間でした。県の先生方の進行やごあいさつには心がこもっており伝わるものでした。先生方との出会いも嬉しく思っております。
  • 実際にNPO立ち上げのお話しはとても参考になり,今後の自分の役割を考えさせられました。
  • 自分にとっての当たり前が今は地域のかかわりや子育ての仕方が違ってきています。でも,子育てする(育てる)ことは義務としていつまでも親子共々かかわっていきたいと思います。共感できる部分やお互いのコミュニケーションが図れることがいつの時代でも大切だと思います。
  • 都市や人口の多い地域以上に,子どもの人数が少ない地域で孤立しがちな親子の存在を多く感じるようになっている。行政を土台にして支える+(プラス)地域の力も加わることが大切。わかりやすく元気の出る講義でした。
  • 日常活動を論理付け,体系付けることのできる情報をご提示いただきました。多謝!!
  • 久しぶりに深く,子育て支援を考える機会をいただきよかったと思います。これまでずっともやもやした気持ちで子育て支援に取り組んでいたのですが,もう一度確認して支援に取り組んでいきたいと思います。
  • まごころをもって接する大切さを実感しました。
  • 昔,必死に子育て仲間を捜し求めたことを思い出しました。当時の気持ちを忘れることなく,今のお母さんたちに寄り添っていきたいと思います。
  • 求めたい時にそれに応えられる場所と人材が存在していることの大切さを知らされました。自分がどの位置に居て,どう活動すべきかを省みるよい機会を得た感じです。ありがとうございました。越中先生の話では,私自身をよりよく変えて進化していきたいと反省する点しきりでした。

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)