ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > みやぎ環境ウェブ > 平成28年度 冬休み環境学習教室を開催しました!

平成28年度 冬休み環境学習教室を開催しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月12日更新

宮城県の生き物 自然について学ぼう!

 県では、環境情報センターの「冬休み環境学習教室」として、「宮城県の生き物 自然について学ぼう」をテーマに県内に生息する生き物や自然の不思議について学べる講座を小学校4~6年生を対象に開催しました!当日の講座の内容を紹介します。

内容1:分かるかな?渡り鳥ガンのひみつ
     (講師:NPO法人蕪栗ぬまっこくらぶ 戸島潤さん)

戸島さん写真

最初の講座の先生は蕪栗ぬまっこくらぶの戸島先生です。

蕪栗沼に来る鳥のことや、住んでいる生き物、植物のことなどを広める活動をしています。

ガンの写真で説明をする戸島先生

ガンは宮城県の鳥に指定されています。そして、宮城県には6種類のガンが冬に渡ってきます。

そんなガンのことをクイズに答えながら学びました。

なかなか知らないこともあって難しかったけど、みんな積極的に手を挙げてくれました!

 

そして、クイズ正解が多かった子には特別な景品もプレゼントされました!プレゼントの中身は・・・ひみつ!

次回開催されたときに参加して見に来てね!

内容2:海辺の不思議~生き物が残した跡~
     (講師:宮城教育大学環境教育実践研究センター 齊藤研究室)

宮城教育大学環境教育実践センター 齊藤研究室の写真

二つ目の講座の先生は宮城教育大学環境教育実践研究センター 齊藤研究室の皆さんです。

環境について教えることが出来るよう先生を支援したり、環境教育の教材作成や、実際に環境についていろんな方に教える活動をしています。

いるかの骨

海岸に流れ着く生き物の資料を使って、宮城県の海辺にはどんなものがあるかを学びました。

イルカの骨はちょっと臭い?初めて見る標本に大人も子供も興味津々でした。

ウミガメの骨格標本

ウミガメのどの部分の骨でしょうか~?わかったかな~?

甲いかの瓶詰め作成風景

最後は海辺に流れ着くという甲イカの瓶詰めをみんなで作成しました!

まっすぐに入れるのと、キレイにイカをみせるのが難しい~

 

甲いかの瓶詰め

これが甲いかの瓶詰めです!写真だとちょっと見にくいけど、頭や足が着色されているのがわかりますか?

環境情報センター用に一つもらったので、直接ご覧になりたい場合は遊びに来てね!

集合写真

今日頑張ったみんなで集合写真!良い笑顔だね!

みなさんのまたのお越しをお待ちしております~☆

 

おまけ

講座の合間の休憩時間では、環境情報センターにある環境学習室でいろんな資材を手にとって遊んでくれました。

環境情報センターは平日9時から17時まで開いていて、いつでも資材で遊べるから来てみてね!

水草水槽原子セット


みやぎの地球温暖化対策
「ダメだっちゃ温暖化」宮城県民会議

情報誌「Environmental Industry NOW」

みやぎ環境イーニュース

みんなで取り組もうecodo

みんなで取り組もうecodo

リサイクル等事業者の皆さんへ