ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ獣医師募集案内

獣医師募集案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月23日更新

新着更新情報

獣医師の業務内容

公衆衛生分野

主に食品衛生,動物愛護,感染症予防などの業務を行います。
家畜は食肉処理場や食鳥処理場などで食肉として処理されますが,その過程では獣医師が検査を行っています。
動物愛護の業務としては,保護された犬猫など動物の管理,譲渡,動物愛護普及啓発業務を行っています。
また,食品衛生監視員として,飲食店の営業許可や立ち入り,食中毒予防対策業務などを担当し,環境衛生監視員として,理容所,美容所,クリーニング店の営業許可や立ち入りなども行います。
このほか,公害対策業務なども担当します。

農林水産分野

主に家畜衛生の向上や家畜伝染病予防,家畜の品種改良,畜産振興などの業務を行います。
家畜保健衛生所では,家畜防疫員として口蹄疫,高病原性鳥インフルエンザ及びBSEをはじめ,牛,豚,鶏及び馬などの疾病を検査・診断し,家畜の生産者に対して発生予防やまん延防止対策の指導を行います。
また,畜産試験場では,研究員として乳用牛の飼育管理技術,肉用牛の品種改良や受精卵移植,豚の系統豚造成や高品質豚の選抜技術に関する研究を行います。