ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす子育て・教育生涯学習文化・芸能文化芸術活動平成26年度文化芸術による子供の育成事業 実施の様子

平成26年度文化芸術による子供の育成事業 実施の様子

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月30日更新

巡回公演事業

気仙沼市立階上小学校 『淡路人形座 (人形浄瑠璃)』公演

〔ワークショップ〕 平成26年6月27日 〔本公演〕 平成26年9月11日

太夫の歴史や詞章の語り口,三味線の構造や音の出し方などについて,児童が楽しく学ぶことができる説明がありました。人形遣いの演者が人形のしくみや操作のしかたを説明した場面では,児童に体験させながら行うことによって会場は大いに盛り上がりました。また,ワークショップを体験した複数の児童が一緒に舞台に立って公演し,児童にとって人形浄瑠璃を身近に感じ取ることができた時間でした。

会場人形操作一緒に公演プロの公演

角田市立西根小学校 『東京フィルハーモニー交響楽団』公演

〔ワークショップ〕 平成26年7月4日 〔本公演〕 平成26年9月17日

ほとんどの演奏者が体育館フロアに配置するフルオーケストラ公演(72人編成)でした。児童が床座するフロアからの演奏は,そのボリュームの壮大さだけでなく,床を伝わる振動も体感できる効果がありました。ワークショップで学んだ内容が本公演に連動しており,児童は楽しく鑑賞や活動ができました。指揮者体験やオーケストラ演奏での校歌斉唱等,オーケストラ演奏に関心を高めることができた内容でした。

指揮:円光寺雅彦氏各楽器の説明指揮者体験ハイタッチでお別れ

加美町立宮崎中学校 『東京シティ・バレエ団』公演

〔ワークショップ〕 平成26年9月17日 〔本公演〕 平成26年11月6日

公演団体が照明や音響の機材を多数持ち込み,また,体育館フロアの約半分を舞台として設置して,劇場の舞台のような本格的な公演でした。公演内容は難解なストーリーではなく,幕間に進行役が概要を説明した上で演じていたこともあって,中学生でも十分に理解できるものでした。ワークショップでの活動を生かし,公演後半には生徒や教員の出演場面もありました。バレエの楽しさや奥深さを感じることができた内容でした。

本格的な会場セット   

芸術家の派遣事業

南三陸町立入谷小学校 『古野光昭 ジャズワークショップ&コンサート』

実施日 平成26年7月8日

楽器を目の前にして生の演奏を聴くことによって,ジャズへの関心を高める機会となりました。ウッドベースなどの大きな楽器に触れたり実際に弾いたりすることができ,いろいろな楽器に触れる経験の少ない児童にとって有意義な時間となりました。4ビート,8ビートのリズムを教えてもらい,演奏に合わせて手拍子をしたり,鍵盤ハーモニカやリコーダーの演奏によって共演したりし,最後まで楽しく活動しました。

ジャズ演奏による校歌合唱ウッドベース体験全校児童共演5,6年生セッション

宮城県田尻さくら高等学校 『六華亭遊華 落語「わらってなまってコミュニケーション」』

実施日 平成26年9月11日

東北弁の素晴らしさにあらためて気づかされる,落語による講演でした。講演全般をとおして講師からの掛け合いで展開したので,コミュニケーションのとり方を主体的に学ぶことができました。また,古典落語についての説明もあり,伝統芸能の一端に触れ,落語への関心を高める機会にもなりました。日本語の趣や奥深さを学び,日本語で遊ぶ楽しさを感じることができた時間でした。

六華亭遊花氏主体的に学ぶ生徒講演の様子 

子供 夢・アート・アカデミー

丸森町立大内小学校 講師:大津 英敏(洋画家)

実施日 平成26年11月4日

絵画の歴史について,西欧の全般的な歴史背景を踏まえながら,児童にもわかりやすい説明がありました。また,国や市の名称,所在地などをクイズ形式で学ぶ場面もありました。実技活動では,ほとんどの児童にとって初めての体験となる「パステル」を使用しました。絵の構図のとらえ方や,大体のデッサンの後に細部を書くこと,細部はいくらでもこだわって書いていいことなど,児童の活動状況に応じながら,発想を豊かに引き出すような助言がたくさんありました。

大津英敏氏・大津茜氏デッサン開始個別指導個別指導

東松島市立赤井小学校 講師:福王寺 一彦(日本画家)

実施日 平成27年1月19日

講師によるデッサンのしかた,1作品に取り組む時間(数時間から数年間)の違い,好きな色や好きなコントラストなどについて説明があり,児童の興味・関心を高める導入展開でした。また,日本画の画材を実際に手に取ったり,講師が濡らした作品から発色の濃淡を観察したりして,児童はたくさんのことを気づいたり感じたりできました。実技では,水墨画によるデッサン,水彩絵の具での色付けを行いました。児童が自作品を講師に説明する場面があり,自分の思考やイメージを自分の言葉で表現することを大切にした活動でした。

福王寺一彦氏デッサンの説明デッサンの説明完成間近の作品