ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

仙台地域のイベント情報(平成29年2月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月19日更新

平成29年2月イベント情報

※時間や日程は変更されることがありますので,お出かけ前にご確認ください。

■2月のイベント情報

■好評開催中(2月以前から長期開催)のイベント情報

イベント一覧

2月のイベント情報

2月のイベント情報
日程イベント名会場
2月3日(金曜日)、他1日鹽竈神社節分祭追儺式(ついなしき)塩竈市
2月5日(日曜日)れきはく講座(4)「南部神楽『信田妻・葛の葉』と歌舞伎・読本」笠原信男多賀城市
(東北歴史博物館)
2月11日(土曜日・祝日)れきはく講座(5)「エミシはなぜ『蝦夷』と表記されたのか」相澤秀太郎多賀城市
(東北歴史博物館)
2月12日(日曜日)体験イベント「冬も元気に博物館」多賀城市
(東北歴史博物館)
2月18日(土曜日)民俗芸能講座(2)多賀城市
(東北歴史博物館)
2月18日(土曜日)学術講演会多賀城市
(東北歴史博物館)
2月19日(日曜日)れきはく講座(6)「古代の線刻壁画を守る-山元町合戦原遺跡の事例から-」芳賀文絵多賀城市
(東北歴史博物館)
2月26日~3月3日塩竈DEひなめぐり2017塩竈市

好評開催中(2月以前から長期開催)のイベント

長期開催のイベント
日程イベント名会場
6月28日(火曜日)~平成29年2月26日(日曜日)
※休館日/毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌平日)
テーマ展示
「修復された被災文化財-小梁川・大梁川遺跡-」
多賀城市
(東北歴史博物館)
11月12日(土曜日)~2月28日(火曜日)(2月16日を除く)2016 SENDAI光のページェントin泉パークタウン仙台市
11月25日(金曜日)~平成29年2月25日(土曜日)宮城県公文書館企画展
「二宮金次郎像の誕生」
宮城県公文書館
12月22日(木曜日)~平成29年2月26日(日曜日)
※休館日/毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌平日)
テーマ展示「信仰の切り絵」多賀城市
(東北歴史博物館)
1月14日(土曜日)~2月26日(日曜日)
※休館日/毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌平日)
特別展「工芸継承」多賀城市
(東北歴史博物館)
1月31日(火曜日)~2月26日(日曜日)
※休館日/毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌平日)
テーマ展示「東北の古文書-伊達騒動-」多賀城市
(東北歴史博物館)

イベント情報詳細 

2月のイベント情報詳細
日程イベント名会場イベントの概要お問い合わせ先
2月3日(金曜日)、他1日鹽竈神社節分祭追儺式(ついなしき)志波彦神社・鹽竈神社境内(塩竈市一森山1-1)

「鹽竈さまの豆まき」として親しまれている伝統行事。当日は境内の特設舞台からあらかじめ申し込んだ年男年女がお手揃いの袴姿で豆をまき,厄災消除,家内安全を祈願します。

■時間/15時~

志波彦神社・鹽竈神社
022-367-1611

2月5日(日曜日)れきはく講座(4)「南部神楽『信田妻・葛の葉』と歌舞伎・読本」笠原信男東北歴史博物館
3階 講堂

当館学芸職員が,日頃の調査・研究についてお話しします。講座ごとに受講できます。(全8回)

■時間/13時30分~15時

■参加無料/事前申込み不要。

東北歴史博物館のホームページ

東北歴史博物館
情報サービス班
022-368-0106
2月11日(土曜日・祝日)れきはく講座(5)「エミシはなぜ『蝦夷』と表記されたのか」相澤秀太郎東北歴史博物館
3階 講堂

当館学芸職員が,日頃の調査・研究についてお話しします。講座ごとに受講できます。(全8回)

■時間/13時30分~15時

■参加無料/事前申込み不要。

東北歴史博物館のホームページ

東北歴史博物館
情報サービス班
022-368-0106
2月12日(日曜日)体験イベント「冬も元気に博物館」東北歴史博物館
敷地内

博物館のお仕事体験や昔あそびなど,たくさんの体験プログラムを準備しています。当日は常設展・特別展「工芸継承」を無料で観覧していただけます。

■時間/9時30分~15時30分

■体験プログラムにより定員・体験費が異なります。詳細はお問い合わせください。

東北歴史博物館のホームページ

東北歴史博物館
情報サービス班
022-368-0106
2月18日(土曜日)民俗芸能講座(2)東北歴史博物館
1階 研修室

「演目研究-法印神楽のセリフ比較を通して-」というテーマで,民俗芸能に関する映像資料を紹介しながら,芸能職員が解説します。

■時間/13時30分~15時

■全3回。参加無料。事前の申込みが必要です。定員60名。

東北歴史博物館のホームページ

東北歴史博物館
情報サービス班
022-368-0106
2月18日(土曜日)学術講演会東北歴史博物館
3階 講堂

「鏡の中の神仏-鏡像と懸仏の世界-」というテーマで,鏡像・懸仏研究の第一人者である内藤栄氏(奈良国立博物館学芸部長)が講演します。

■時間/13時30分~15時

■参加無料/事前申込み不要。

東北歴史博物館のホームページ

東北歴史博物館
情報サービス班
022-368-0106
2月19日(日曜日)れきはく講座(6)「古代の線刻壁画を守る-山元町合戦原遺跡の事例から-」芳賀文絵東北歴史博物館
3階 講堂

当館学芸職員が,日頃の調査・研究についてお話しします。講座ごとに受講できます。(全8回)

■時間/13時30分~15時

■参加無料/事前申込み不要。

東北歴史博物館のホームページ

東北歴史博物館
情報サービス班
022-368-0106
2月26日(日曜日)~3月3日(金曜日)塩竈DEひなめぐり2017旧亀井邸(塩竈市宮町5-5),塩竈市内商店街参加店舗

毎年恒例となったひなめぐりでは、つるし飾りやおひなさまの展示の他、旧亀井邸にて雛カフェやミニ茶会を開催。今年のテーマは「宝めぐりの雛祭」。買い物をすると各連携会場のお宝キーワードを入手でき、3枚集めると塩竈のギフトセットに応募ができる「塩竈のお宝集め」を開催予定!また、参加店舗ではひなめぐり限定のメニューやサービスが受けられます。

■時間/10時~16時(メイン会場:旧亀井邸)

亀井邸亀井邸2亀井邸3

同実行委員会
022-366-6711

 

 

 

長期開催のイベント情報詳細
日程イベント名会場イベントの概要お問い合わせ先
6月28日(火曜日)~平成29年2月26日(日曜日)
※休館日/毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌平日)
テーマ展示
「修復された被災文化財-小梁川・大梁川遺跡-」
東北歴史博物館
1階 テーマ展示室1

東日本大震災では,当館の浮島収蔵庫も被災し,棚が倒壊して収蔵資料も大きな被害を受けました。七ヶ宿町小梁川・大梁川遺跡出土資料も被害を受けた資料のひとつですが,無事修復が終了しました。この展示では,修復土器のほか,未公開資料も含め縄文時代前期から中期の小梁川・大梁川遺跡出土資料を紹介します。

■時間/9時30分~17時(発券は16時30分まで)

■観覧料/※常設展示料金でご覧いただけます。一般400円(20人以上の団体は320円)小・中学生/高校生は無料

東北歴史博物館のホームページ

東北歴史博物館
情報サービス班
022-368-0106
11月12日(土曜日)~2月28日(火曜日)(2月16日を除く)2016 SENDAI光のページェントin泉パークタウン泉パークタウン タピオ、仙台ロイヤルパークホテル、仙台泉プレミアム・アウトレット周辺エリア

泉パークタウンの商業施設・宿泊施設が集まるメインストリートの街路樹を約十万個のイルミネーションで彩り、華やかな街並みを演出します。

■時間/17時30分~22時

仙台光のページェントのホームページ

SENDAI光のページェント実行委員会 022-261-6515(平日9時00分~17時00分)
11月25日(金曜日)~平成29年2月25日(土曜日)宮城県公文書館企画展
「二宮金次郎像の誕生」
宮城県図書館2階展示室

本展では,幕末に亡くなった二宮金次郎が,明治時代以降どのように人々に知られていき,全国の小学校に像が建てられるほど有名になったのか,金次郎のイメージ「像」の形成と変化について紹介します。

■時間/9時~17時

宮城県公文書館のホームページ

宮城県公文書館
 022-341-3231
12月22日(木曜日)~平成29年2月26日(日曜日)
※休館日/毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌平日)
テーマ展示「信仰の切り絵」東北歴史博物館
1階 テーマ展示室2

お正月になると神棚や祠に飾られる信仰の切り絵。意匠に富んだその造形は,地域により少しずつ異なります。県内各地の多彩な切り絵の数々をご覧ください。

■時間/9時30分~17時(発券は16時30分まで)

■観覧料/※常設展示料金でご覧頂けます。一般400円(20人以上の団体は320円)小・中学生/高校生は無料

東北歴史博物館のホームページ

東北歴史博物館
情報サービス班
022-368-0106
1月14日(土曜日)~2月26日(日曜日)
※休館日/毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌平日)
特別展「工芸継承」東北歴史博物館
1階 特別展示室

工芸品の品質向上と生産安定化を目指し,昭和3年に仙台に国立工芸指導所が設置されました。本展では伝統的な工芸技術をベースにした新製法やデザイン開発という工芸指導所が目指したものを,制作された試作品を通して紹介します。また,職人や学生らによるワークショップを通して見えてきた工芸指導所の活動をそれぞれの観点を活かして紹介します。

■時間/9時30分~17時(発券は16時30分まで)

■観覧料/※常設展示料金でご覧頂けます。一般400円(20人以上の団体は320円)小・中学生/高校生は無料。

東北歴史博物館のホームページ

東北歴史博物館
情報サービス班
022-368-0106
1月31日(火曜日)~2月26日(日曜日)
※休館日/毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌平日)
テーマ展示「東北の古文書-伊達騒動-」東北歴史博物館
1階 テーマ展示室3

伊達騒動は江戸時代前期に仙台藩で発生した御家騒動(藩内の政争)で,小説や芝居,テレビドラマなどで取り上げられ,特に有名です。宮城県図書館より当館に移管された「涌谷伊達家文書」は,遠田郡涌谷の領主で藩の重臣であった同家に伝わった約5,800点に及ぶ文書群で,伊達安芸宗重を始めとする騒動関係者の書状・文書等を含み,騒動の全貌を伝えるものとなっています。伊達騒動と深く関わる文書を紹介し,事件の一端に触れます。

■時間/9時30分~17時(発券は16時30分まで)

■観覧料/※常設展示料金でご覧頂けます。一般400円(20人以上の団体は320円)小・中学生/高校生は無料

東北歴史博物館のホームページ

東北歴史博物館
情報サービス班
022-368-0106