ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす震災・復興震災・復興震災・復興震災・復興「世界防災フォーラム」において被災地からの教訓の継承をテーマとしたパネルディスカッションを開催します

「世界防災フォーラム」において被災地からの教訓の継承をテーマとしたパネルディスカッションを開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月7日更新

世界防災フォーラムロゴ

世界防災フォーラム プレナリーセッション(一般市民向け無料公開セッション)
「被災地からの経験・教訓の共有と継承-東日本大震災を中心に-」を開催します

 宮城県では、平成29年11月25日から28日にかけて仙台市で開催する「世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台2017」の県民向けのプログラムの1つ(プレナリーセッション)として震災の記憶・伝承に関する有識者によるパネルディスカッションを開催します。

 チラシ [PDFファイル/1.09MB]

 〇世界防災フォーラムin仙台ホームページ→http://www.worldbosaiforum.com/

概要

 阪神・淡路大震災から中越大震災を経て東日本大震災にいたるまで、被災地からの経験・教訓の共有と継承はいかになされ、その後の災害においてどのように活かされたのか、また、今後の災害において同じ犠牲や困難を繰り返さないための教訓の共有・継承のあり方を研究者・実践者の皆さんと考えていきます。
 

【日     時】 平成29年11月26日(日曜日)16時20分から17時50分まで

【会     場】 仙台国際センター会議棟2階大ホール

                  ※ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。

【アクセス】 地下鉄東西線・国際センター駅より徒歩1分

【定     員】 先着1,000名 ※事前申込制(下記の申し込み方法をご覧ください)

【参 加 料】 無料

【主     催】 宮城県
 

パネリスト

 牧  紀男氏(京都大学防災研究所教授)

 重川 希志依氏(常葉大学教授)

 佐藤 翔輔氏(東北大学災害科学国際研究所准教授)

 トリシア・ワクテンドルフ氏(デラウェア大学教授)

 藤間  千尋氏(みらいサポート石巻)


 <コーディネーター>

  伊東 昭代(宮城県震災復興・企画部長)

申し込み方法

 ■FAXによる申し込み

  チラシ [PDFファイル/1.09MB]裏面の参加申込書にご記入のうえ、

  宮城県震災復興推進課まで(022-211-2493)FAXでお送りください。

 ■電子メールによる申し込み

  件名に「世界防災フォーラム宮城県申込み」と明記し、メール本文に

  (1)名前 (2)ご所属等を記載のうえ、fukusui@pref.miyagi.lg.jp あてお送りください。

お問い合わせ

 宮城県震災復興・企画部震災復興推進課(TEL022-211-2403)

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)