ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす震災復興政策課地方分権/県から市町村への権限移譲

地方分権/県から市町村への権限移譲

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月22日更新

市町村への権限移譲とは?

 平成22年6月に閣議決定された「地域主権戦略大綱」では、主権者である国民が、自らの住む地域のことは自らの責任で決定できる、活気に満ちた地域社会をつくっていくことを目指しています。

 そのため、住民に最も身近な行政主体である市町村が、地域における行政の自主的かつ総合的な実施の役割を担えるようにするため、宮城県では県の事務・権限の市町村への移譲等の取組を進めています。