ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

みやぎ企業立地ガイド

みやぎ企業立地ガイド

みやぎ企業立地ガイド

工業団地ガイド

主要工業団地一覧

※番号の色は、それぞれ下記の状況になります。
…震災の影響により一時分譲を中止 …造成済または造成工事中 …未造成
平成27年5月1日現在
地区 番号 団地名 市町村名 総面積
(ha)
分譲可能面積
(ha)
単価(円/m2) 区画
オーダー
リース
方式
現況
仙南 1 大鷹沢 白石市 24.6 7.3 要相談 × -
2 川根 大河原町 2.7 2.7 10,000(要相談) × 宅地・雑種地
3 北川原山 川崎町 9.6 8.6 7,500~9,000 相談 相談 雑種地・宅地
仙台 4 亘理中央地区 亘理町 45.3 19.1 14,500 相談 × -
5 臨空西原 岩沼市 5.6 2.8 19,500(予定) 相談 相談 宅地・雑種地
6 仙台空港フロンティアパーク 岩沼市 17.7 11.9 - × 雑種地(造成工事中)
7 飯野坂東部 名取市 8.4 2.0 - 相談 相談 雑種地・田
8 愛島西部 名取市 207.7 2.3 12,000~13,000 相談 × -
9 一本柳 多賀城市 15.5 3.2 賃貸 年額800 相談
10 泉パークタウン・ソフトパーク 仙台市 16.0 3.9 43,401~48,332 × -
11 白石沢(利府しらかし台インターシティ) 利府町 19.0 6.5 33,000(予定) × 山林(土砂搬出中)
12 成田二期北 富谷町 199.8 134.5 - × 山林
13 高屋敷 富谷町 21.4 6.4 28,000(要相談) × 山林(造成工事中)
14 第二仙台北部中核 大衡村 308.6 41.6 14,100~16,700 -
15 第一仙台北部中核 大和町
大衡村
298.8 4.1 15,600~17,260 -
16 大和リサーチパーク 大和町 68.8 4.9 19,200~20,500 -
17 大衡 大衡村 6.6 2.6 9,100~9,500 -
18 川内流通 大郷町 18.7 1.2 15,150 相談 -
大崎 19 大原 色麻町 8.9 8.9 8,700(要相談) ×
20 南谷地 大崎市 12.4 9.6 - 相談
21 鶴田 大崎市 3.4 0.6 5,500 × -
22 北原 大崎市 5.0 3.9 - × 田(造成工事中)
23 黄金山 涌谷町 10.3 10.3 - 相談 相談 山林・雑種地
栗原 24 築館 栗原市 56.4 32.3 - × × 山林
25 三峰 栗原市 21.8 14.3 10,300~11,300 相談 × 雑種地(造成工事中)
26 金成 栗原市 7.5 1.0 5,800 × 相談 -
27 第2大林 栗原市 10.4 7.9 11,500~12,500 相談 × 田(造成工事中)
登米 28 長根 登米市 11.0 5.0 - 相談 相談 山林・雑種地・田
29 (仮称)長沼第二 登米市 12.2 10.0 - 相談 相談 畑・山林・田(H27造成予定)
石巻 30 ひびき 東松島市 17.2 2.8 13,620 × -
31 グリーンタウンやもと 東松島市 20.2 2.9 8,800~10,000 相談 × -
32 大曲浜 東松島市 40.1 4.7 12,000 相談 相談 宅地(造成工事中)
33 仙台塩釜港(石巻港区) 石巻市、
東松島市
327.9 35.4 9,380~・11,200~ 相談 相談 -
34 石巻トゥモロービジネスタウン 石巻市 24.1 13.1 要相談 相談 -

○…可  ×…不可  相談…事業主体との相談となります。



各工業団地の概要について

 各工業団地を紹介するページの特徴などの項目は、工場立地法に基づく工場適地調査簿等の記載事項によりますが、平成27年5月1日現在(注)の状況により調整しています。各項目の記載内容は次のとおりです。
なお、分譲可能面積については全てが有効面積とは限りませんのでご注意ください。

(注)各市町村等の人口については平成27年4月1日現在の「宮城県 推計人口」を用いています。

工場緑化

敷地面積9,000m2以上または建築面積3,000m2以上の工場の場合は、工場立地法により緑地の設置が義務付けられています。
・緑地率   
 敷地面積に対する緑地の面積の割合

・環境施設面積率   
 緑地を含む環境施設の面積の割合   
 環境施設…噴水、流水等の集景施設、屋外運動場、広場、体育館、企業博物館、雨水浸透施設等

・特例団地   
 特例団地の指定を受けている団地では、団地全体として緑地を確保しているので、工場ごとの緑地の設置は不要。

地質・地盤

地質の種別は次で分類。   
 第1種:岩盤、礫砂、礫質その他主として第三紀以前の物質により構成。   
 第2種:砂礫層、砂まじり、礫粘土質、ローム層その他主として洪積層から構成。   
 第3種:第1種、第2種および第4種に属さないもの。   
 第4種:軟弱地盤
  A:腐蝕土、泥土その他これに類するもので構成。沖積層(盛土を含む)で厚さが約3m以上のもの。
  B:湖沼、沢などを埋立てた土地で、約3m以上の厚さで埋立て後30年未満。

・N値   
 標準貫入試験として63.5kgのハンマーを75cm自由落下させ30cm打込みに要する打撃回数。   
 (0~10:柔らかい 10~30:中くらい 30~50以上:硬い)

・抗打可能地盤までの深さ   
 地表面から、N値50以上地層面までの深さ。

用水条件(使用可能量)

・一日あたりの使用可能量。

排水条件

・BOD(Biochemical Oxygen Demand)   
 生物化学的酸素要求量   
 水中の有機物などの汚濁物質を分解するために微生物が使う酸素の量

電力

・最寄りの変電所を表記しています。
・供給までに要する期間等については、契約電力等により異なりますので、実際の供給にあたっては、電力会社にお問い合わせください。

環境に関する規制、基準等

各団地では、各環境法令(大気汚染防止法、騒音規制法、水質汚濁防止法、悪臭防止法、振動規制法、ダイオキシン類対策特別措置法、土壌汚染対策法等)や県公害防止条例が適用されます。