ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 県政・地域情報 > 県政情報・財政 > 広報・広聴 > 農林水産部 > 「加美町で採取された野生わらび」の出荷自粛要請について

「加美町で採取された野生わらび」の出荷自粛要請について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月17日更新
このリリースの担当課(所)
記者発表資料

平成30年5月17日
林業振興課地域林業振興班
担当:大類,前山
内線:2914

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

「加美町で採取された野生わらび」の出荷自粛要請について

1 経緯

   平成30年5月16日,厚生労働省から同省が実施した食品中の放射性物質検査において,加美町で採取された野生わらびから,基準値(100Bq/kg)を超過する放射性セシウムが検出された旨の連絡がありました。

そのため,同日関係者に対し出荷の自粛を要請しました。なお,出荷されたわらびについては,自主回収が進められています。

 

2 県の対応

  県(林業振興課)において,5月17日に加美町の同じ地域で採取された野生わらびについてモニタリング検査を実施したところ,下記のとおり基準値を超過する放射性セシウムが検出されました。

  そのため,本日付けで,加美町及び関係者に対して「加美町で採取された野生わらび」の出荷自粛を要請しました。

 今後も基準値を超える生産物が流通しないよう,引き続き出荷前の検査を徹底します。

検査結果
市町村品目採取年月日検査年月日測定値(bq/kg)基準値(bq/kg)検査機関
加美町わらび(野生)H30.5.16H30.5.1759100

エヌエス環境株式会社

H30.5.1654
H30.5.1655
H30.5.1655
H30.5.1637
H30.5.13130
H30.5.13210
H30.5.13210
H30.5.148.5
H30.5.14<18
H30.5.12<17

 

 


担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。