ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 県政・地域情報 > 県政情報・財政 > 広報・広聴 > 農林水産部 > 「平成29年度県産材利用促進功労者表彰式」の開催について(林業振興課)

「平成29年度県産材利用促進功労者表彰式」の開催について(林業振興課)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月12日更新
このリリースの担当課(所)
記者発表資料

平成29年12月12日
林業振興課みやぎ材流通推進班
担当:菅原
内線:2912

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-2912(4桁が内線番号)となります。

『平成29年度県産材利用促進功労者表彰式』の開催について

  宮城県では県産材を積極的に利用するなど,県産材の利用拡大に顕著な功績のあった個人又は団体を,毎年県産材利用促進功労者として表彰しており,今年度は下記3件の功績事案について村井知事より感謝状を授与します。

なお,この表彰は平成19年度から実施しており,これまでに30の個人及び団体を表彰しています。

1 日  時  

 平成29年12月25日(月曜日)午後1時から午後1時20分まで

2 場  所

 特別応接室(県庁 行政庁舎4階)

3 受賞者及び功績の概要

(1)株式会社イトーキ

【主な功績】 家具・事務用品の製品開発を通した県産材の利用促進

・Econifar R○R(エコニファ)を展開し,県産材を活用した家具開発を推進

・被災防潮林のアカマツ製「復興合板家具」が,3R推進功労者表彰(内閣総理大臣賞)受賞

・宮城県,宮城県林業振興協会と3者による「宮城県産材利用推進に関する協定」締結

 

(2)ナイス株式会社

【主な功績】 県内初のCLTを構造体に使った事務所棟の建設

・国内初CLTとRCの平面混構造で建設

・単位当たりの木材使用量は一般的な住宅の1.8倍

・建築物省エネルギー表示制度「BELS」の最高ランク(5つ星)を東北で始めて取得

 

(3)南三陸町

【主な功績】 森林管理認証(FSC-FM認証)材による役場庁舎の建設

・町有林として国際認証機関FSCのFM認証を取得

・使用した県産材の93%を町有林から調達

・公共施設として全国初の全体プロジェクト認証を取得

 

 

4 その他

 当日は各社の代表取締役社長と佐藤南三陸町長へ村井知事から表彰式を授与します。


担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-2912(末尾の4桁が内線番号)となります。