ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 県政・地域情報 > 県政情報・財政 > 広報・広聴 > 農林水産部 > JGAP家畜・畜産物研修会を開催します(畜産課)

JGAP家畜・畜産物研修会を開催します(畜産課)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月2日更新
担当課
記者発表資料

記者発表資料

平成30年11月2日

農林水産部畜産課生産振興班

担当:鈴木(徳),佐沢 

内線:2853

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となりま

 東京オリンピック・パラリンピックへの食材提供の条件ともなる畜産GAP(農業生産工程管理)について,畜産農家及び関係者の理解を深め,認証取得を推進するため,下記のとおり研修会を開催します。

 研修会では,県内で初めてJGAP家畜・畜産物を取得した事例紹介などを通じて,認証取得までの道のり,認証取得による効果などについて御講演を頂きます。

 

1 主    催   

  宮城県

2 日  時    

  平成30年11月7日水曜日 午後2時から午後4時30分まで

3 場  所  

  宮城県大崎合同庁舎1F 大会議室

  宮城県大崎市古川旭4丁目1-1  TEL:0229-91-0701〔北部家畜保健衛生所〕

4 研修内容

講    演1 養豚場におけるJGAP認証取得事例について

   講    師   株式会社 サイボク東北牧場     統括課長 菊田 俊一郎 氏

   講    演2 家畜改良センター岩手牧場におけるJGAP認証取得について

   講    師   独立行政法人 家畜改良センター 岩手牧場   業務専門役 大井 真紀子 氏 

  講演内容 (1)農場概要紹介

             (2)認証取得までの道のりについて

              (3)認証取得による効果について

              (4)課題・今後の展望

5 参集範囲  

   畜産農家・関係団体・市町村・県関係機関

 


担当課への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。