ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 県政・地域情報 > 県政情報・財政 > 広報・広聴 > 農林水産部 > JGAP家畜・畜産物研修会を開催します(畜産課)

JGAP家畜・畜産物研修会を開催します(畜産課)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月20日更新
担当課
記者発表資料

記者発表資料

平成29年11月20日

農林水産部畜産課生産振興班

担当:天野,佐沢  内線:2853

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となりま

  東京オリンピック・パラリンピックへの食材提供の条件ともなる畜産GAP(農業生産工程管理)を宮城県が推進するにあたり,今年度から始まったJGAP家畜・畜産物について畜産農家及び関係者に理解を広げるため,JGAP家畜・畜産物並びにチャレンジシステムの説明会を開催します。

 なお,宮城県内の生産者及び関係機関を対象とした説明会は初めての開催となります。

 

1 主    催   

  宮城県・宮城県畜産技術連盟

2 日  時    

  平成29年11月21日火曜日 午後1時30分から午後3時30分まで

3 場  所  

  大崎生涯学習センター「パレット大崎」

  宮城県大崎市古川穂波三丁目4番20号   TEL:0229-91-8611

4 研修内容

  講演題名 「持続可能な畜産のためのJGAP認証~日本版畜産GAPの概要~」

 講   師 一般財団法人 日本GAP協会 朝 日 光 久 氏

 講演内容 (1)JGAP家畜・畜産物について

               (2)GAP取得チャレンジシステムについて

               (3)その他

5 参集範囲  

  宮城県畜産技術連盟会員

 畜産農家・関係団体・市町村・県関係機関

 


担当課への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。