ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業全般 > 農林水産業全般 > 農林水産部 > 平成29年度(第56回)農林水産祭天皇杯の受賞決定について

平成29年度(第56回)農林水産祭天皇杯の受賞決定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月23日更新
このリリースの担当課(所)
記者発表資料

平成29年10月23日
水産業振興課販路開拓支援班
担当:相澤,阿部
内線:2954

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

平成29年度(第56回)農林水産祭天皇杯の受賞決定について

 

平成29年度(第56回)農林水産祭※1の農林水産祭中央審査委員会が平成29年10月18日に開催され,水産部門において女川町の水産加工事業者,株式会社髙政の天皇杯※2 受賞が決定した。

※1 農林水産祭:国民の農林水産業と食に対する認識を深めるとともに,農林漁業者の技術改善及び経営発展の意 欲の高揚を図るため,昭和37年から国民的な祭典として実施されている。
※2 天皇杯:毎年農林水産関係団体等が「農林水産祭参加行事」として開催する約300の行事(約100,000点の参加)において農林水産大臣賞(約500点)を受賞した者の中から中央審査委員会の厳正な審査を経て選定された7部門(農産・蚕糸,園芸,畜産,林産,水産,多角化経営,むらづくり)の最優秀者に授与される。

1 受賞内容

受賞内容
部門受 賞 者表 彰 行 事
天皇杯水 産住所氏 名 等

第41回宮城県水産加工品品評会


受賞財:御膳蒲鉾かき

女川町

株式会社 髙政

(代表 高橋 正典)



2 受賞の経緯と出品財の特色
・「御膳蒲鉾かき」は,平成29年2月1日に開催された第41回宮城県水産加工品品評会におい て,最優秀賞である農林水産大臣賞を受賞し天皇杯の選定対象となっていた。
・最良の時期に収獲した地元産のカキを使用。
・すり身は,最適とされるタイミングで工場に搬入するなど原料にこだわりをもって製造されている。
・商品のベースとなる蒲鉾は,カキの濃厚な風味を最大限に引き立てるため,味や見た目を仕上げており,カキと蒲鉾が絶妙に組み合わされている。

3 表彰式
    勤労感謝の日の11月23日(木曜日)に明治神宮会館で開催される農林水産祭式典において天皇杯 が授与される。

4 その他
・前回(第55回)の農林水産祭においても唐桑町浅海漁業協議会青年部が同じ水産部門で天皇 杯を受賞しており,2年連続で宮城県の農林水産関係者が受賞する快挙となった。
・天皇杯受賞者は,天皇皇后両陛下に直接業績を説明する機会が与えられる。
・参考

 平成29年10月18日 農林水産省,(公財)日本農林漁業振興会 プレスリリース
  「平成29年度(第56回)農林水産祭天皇杯等の選賞について」

 

 受賞財表彰式

    受賞財:御膳蒲鉾かき                   第41回宮城県水産加工品品評会表彰式

 


担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。