ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 農林水産部 > 平成29年産水稲の出穂状況について(8月9日現在)

平成29年産水稲の出穂状況について(8月9日現在)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月10日更新
このリリースの担当課(所)
記者発表資料

平成29年8月10日
農産園芸環境課農産食糧班
担当:千葉 關口
内線:2841

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

 出穂状況等(概況及び今後の管理)

○8月9日現在,59,359ha(水稲作付見込面積の92.3%)で出穂が確認され,平坦地域では概ね穂揃期(県作付見込面積の95%で出穂)となっている。

○斑点米カメムシ類の防除時期に留意し,「穂揃期」と「その7~10日後」の2回防除を実施するよう指導している。

○出穂期以降の水管理について,水を切らさないように適時,間断かんがい等を行うよう指導している。

※詳細は別添 [PDFファイル/206KB]のとおりです。


担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。