ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 農林水産部 > 平成30年産水稲の生育状況について(6月11日現在)

平成30年産水稲の生育状況について(6月11日現在)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月12日更新
このリリースの担当課(所)
記者発表資料

平成30年6月12日
農産環境課農産食糧班
担当:關口  千葉
内線:2841

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

 生育概況及び今後の管理

○5月中旬から6月上旬までの気象は,気温が平年より高く,日照時間が平年より多く推移した。なお,東北南部は6月10日ごろ梅雨入りした(平年差:2日早い)とみられる。

○県全体の水稲の生育は,葉数(平年差+0.5 枚)から見ると平年に比べて3~4日程度進んでおり,草丈は29.8cm(平年比105%),1平方メートル当たりの茎数は264 本(平年比126%),葉色はGM値が40.6(平年差+2.4)となっている。

○今後の管理については,いもち病の発生源となる補植用苗の速やかな撤去について指導している。

※詳細は別添 [PDFファイル/185KB]のとおりです。


担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。