ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「ヘルプマーク」の配布を開始します

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月3日更新
このリリースの担当課(所)

記者発表資料
平成30年12月3日
障害福祉課企画推進班
担当:山田・髙島
内線:2538

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

 

1 趣旨  

人工関節や内部障害,難病など,外見からは分からなくても配慮や手助けを必要としている方々が身に付ける「ヘルプマーク※」を,本県でも障害者週間(平成30年12月3日から9日まで)にあわせて本日から配布します。

県では,障害のある人もない人も共生する社会を目指し,その普及のためのツールとして根付かせるようヘルプマークの普及啓発に取り組みます。

マークが必要な方はお近くの窓口にお申し出いただくとともに,マークを利用されている方を見かけましたら,困っていることがないかを気にかけ,必要な手助けを申し出るなど,県民の皆様の御理解・御協力をお願いします。

※平成24年10月に東京都が導入し,全国的に普及が進んでいる

マークのデザイン,シール,着用例

・赤地に白の十字とハートのデザイン

・片面に,情報を書き込めるシールを貼ることが可能

・ストラップを利用し鞄等に着用し使用する

2 配布手法  

配布開始

平成30年12月3日月曜日(障害者週間初日)

対象者

人工関節を使用している方,内部障害や難病を抱えている方などで,窓口に申出があった方

配布窓口

市町村福祉担当課,県障害福祉課,保健福祉事務所,リハビリテーション支援センター,精神保健福祉センター,児童相談所,関係福祉団体等

手続き

窓口で趣旨を説明し無料で配布(障害者手帳の確認や申請は不要)

その他

メーカーから部品を仕入れ,就労継続支援B型事業所の工賃向上のため同事業所(15箇所)で組立・封入し,2万個を用意

事業所での組立の様子事業所での組立の様子

3 普及啓発

(1) 関係福祉団体,企業等と連携し,オリジナルポスター等を通じた啓発を展開

(2) 12月5日及び6日に県庁1階ロビーで開催される「働く障害者ふれあいフェスティバル」に特設ブースを設置(午前10時30分から午後2時まで)


担当課への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。