ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴「消費者月間」における消費者被害の未然防止に向けた取組について(消費生活・文化課)

「消費者月間」における消費者被害の未然防止に向けた取組について(消費生活・文化課)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月14日更新
このリリースの担当課(所)

記者発表資料
平成30年5月14日
環境生活部消費生活・文化課相談啓発班  内線2524
担当:阿部・鈴木

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

 

「消費者月間」における消費者被害の未然防止に向けた取組について

近年,消費生活が複雑・多様化する一方で,従来の地域や家庭のつながりが弱まっており,それに伴って消費者トラブルも深刻化しています。特に県内の特殊詐欺による被害は,今年1~3月までで67件と昨年同時期に比べ15件増加しており,被害額も8千万円を超えるなど,依然として深刻な状況となっています。

このようなことから,5月の「消費者月間」に合わせて,消費者被害の未然防止と相談窓口の周知を図るため,下記により街頭啓発を実施します。

併せて,消費者トラブル防止のための「消費者月間」パネル展を,下記により開催します。

1 街頭啓発

(1)配布日時

平成30年5月15日(火曜日)  午前10時から午前11時まで

(2)配布場所

仙台駅西口ペデストリアンデッキ

(3)配布職員

仙台弁護士会

宮城県司法書士会

宮城県金融広報委員会

特定非営利活動法人 消費者市民ネットとうほく

宮城県警察本部(生活安全企画課職員,生活環境課職員)

宮城県消費生活サポーター

宮城県消費生活センター相談員

宮城県環境生活部消費生活・文化課職員

(参加予定人数 40名程度)

(4)配布物

県消費生活センター啓発用のポケットティッシュと特殊詐欺被害の未然防止に向けた啓発用チラシ

2 「消費者月間」パネル展

(1)開催期間

  1. 平成30年5月14日(月曜日)~18日(金曜日)
    場所:県庁1階ロビー
  2. 平成30年5月23日(水曜日)~31日(木曜日) ※28日(月曜日)は休館
    場所:県図書館エントランスホール

(2)展示内容

悪質商法や特殊詐欺についての知識や事例,トラブルを回避するためのアドバイス等

 


 

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。