ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴「未来の介護を考えるシンポジウム」の開催について

「未来の介護を考えるシンポジウム」の開催について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月15日更新
                                   
このリリースの担当課(所)

記 者 発 表 資 料
平成29年9月15日
保健福祉部長寿社会政策課[担当]
鈴木・青田
内線2536

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

 

「未来の介護を考えるシンポジウム」の開催について

1 目的

    2025年に向けた介護人材不足に対応するため, 日本有数の先進的モデルである東京都町田市の介護施設のトップを迎え,県内の介護施設の経営者・管理者等を対象とした職場環境の改善に向けた意識啓発のための機会を提供し,県内の介護事業所の経営力の向上と職員の離職率の低下を図ることを目的に,講演,パネルディスカッション等を開催するもの。 

2 実施概要<詳細は別紙チラシをご覧下さい>

・時期:平成29年10月18日(水曜)13時30分から16時40分  

・会場:TKPガーデンシティ仙台 ホール21B(仙台駅前アエル21階)

・定員:150名

・対象:宮城県内の介護サービス事業所を経営する法人理事長・介護サービス事業所管理者 等

 

 ■次第

(1)開会

(2)挨拶(13時30分~13時40分)宮城県保健福祉部長 渡辺 達美

(3)基調講演(13時40分~15時10分) 

テーマ「なぜ、この社会福祉法人は選ばれるのか」  

        ~働きたくなる介護事業所づくり・合掌苑の奇跡~

講師:社会福祉法人合掌苑 森理事長

(4)休憩(15時10分~15時20分)

(5)パネルディスカッション (15時20分~16時40分)                

     【パネラー】      社会福祉法人合掌苑理事長                   森   一成 氏

                  宮城県老人福祉施設協議会会長             黒田  清   氏

                  仙台市老人福祉施設協議会会長             庄子 清典 氏

                  一般社団法人宮城県介護福祉士会会長   雫石 理枝 氏

      【コーディネーター】 東北福祉大学総合マネジメント学部教授 高橋 誠一 氏

(6)閉会(16時40分)

3  参加費

  無料

4 主催・問合せ先

主  催:宮城県

問合せ先:長寿社会政策課企画推進班       ☎022(211)2536

 

<講師 森 一成 氏 略歴>

 1961年神奈川県生れ。システムエンジニア経験を経て,東京都町田市と横浜市瀬谷区で介護施設を経営。全国の介護医療事業所・一般企業からの見学が年間450名以上あり、介護のイメージを変える先進的な取組みを行っている経営者である。

 なお,森氏が理事長を務めている合掌苑は,介護職の正職員の平均年収400万円を達成している他,手厚い福利厚生制度を導入している。入職1年未満の離職者はほぼ皆無であるなど,介護人材の確保及び定着に関し,他の介護事業所の模範となる取組を行っている法人である。

未来の介護を考えるシンポジウム [PDFファイル/751KB]

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)