ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業産業支援・企業支援先端・次世代産業「セルロースナノファイバーin東北」の開催について

「セルロースナノファイバーin東北」の開催について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月14日更新
このリリースの担当課(所)
記者発表資料

平成29年7月14日
新産業振興課産学連携推進班
担当: 佐久間
内線:2721

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

セルロースナノファイバー in 東北

セルロースナノファイバー(CNF)は,木材などを原料とする自然に優しい天然由来の素材で,鋼鉄よりも軽くて強いなどの特長があることから,様々な用途が期待され,次世代素材として注目されています。

県では,4月に日本製紙株式会社石巻工場においてCNF量産施設が稼働を開始したことなどの状況を踏まえ,昨年に引き続き東北経済産業局と共催で,CNFの動向の紹介や東北地方での普及を目的とした「セルロースナノファイバー in 東北」を開催します。講演のほか,今回は東北初となる出展企業によるCNFのサンプル展示も行います。

日時

平成29年7月20日(木曜日) 午後1時から午後5時まで

場所

仙台国際センター 会議棟2階 桜ホール(仙台市青葉区青葉山無番地,022-265-2211)

内容

[講演会]

午後1時~午後1時5分 

主催者挨拶 宮城県副知事 河端 章好

午後1時5分~午後2時5分

講演「セルロースナノファイバー ~新規バイオ系ナノ材料の基礎と応用展開~」

東京大学大学院農学生命科学研究科 教授 磯貝 明 氏

午後2時25分~午後3時25分

講演 「CNF量産化・展開戦略について」

日本製紙株式会社研究開発本部CNF研究所 所長 河崎 雅行 氏

午後3時45分~午後4時30分

東北地方での取組紹介

  1. 「東北大学CNF研究ユニットの紹介」

    東北大学大学院工学研究科先端学術融合工学研究機構CNF研究ユニット長 

    附属超臨界溶媒工学研究センター 教授 猪股 宏 氏

  2. 「北東北公設試験研究機関の取組」

    秋田県産業技術センター 素形材プロセス開発部複合材料グループ

    上席研究員 工藤 素 氏

  3. 「宮城県主催研究会のご案内」

午後4時30分~午後4時35分 

主催者挨拶 東北経済産業局長 相樂 希美

[サンプル展示会 出展機関]

旭化成株式会社,王子ホールディングス株式会社,草野作工株式会社,株式会社スギノマシン,星光PMC株式会社,第一工業製薬株式会社,大王製紙株式会社,中越パルプ工業株式会社,日本製紙株式会社,北越紀州製紙株式会社,モリマシナリー株式会社,地方独立行政法人京都市産業技術研究所

※展示ブースではサンプルを常時展示。出展企業は変更することがあります。

主催

宮城県,東北経済産業局

(添付資料)

「セルロースナノファイバーin東北」案内チラシ [PDFファイル/978KB]

http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/shinsan/cnf.html

 

 


担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)