ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴「平成29年度地球温暖化防止活動推進員」の新規募集について(環境政策課)

「平成29年度地球温暖化防止活動推進員」の新規募集について(環境政策課)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月12日更新

記者発表資料

平成29年7月12日
環境生活部環境生活課
担当:小山・千葉(2661)

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

担当課

「平成29年度地球温暖化防止活動推進員」の新規募集について

県では,自らの活動や県・市町村などが行う地球温暖化に関する行事への参加を通じて,県民の皆さんに対し,地球温暖化の現状やその対策に関する正しい知識を広めるとともに,県民の皆さんが身近なところからいろいろな温暖化防止活動に取り組めるようなアドバイスや活動のお手伝いを行っていただくボランティアとして知事が委嘱する「宮城県地球温暖化防止活動推進員」の募集をします。
なお,応募者は養成研修を受講していただきます。

「平成29年度宮城県地球温暖化防止活動推進員」の新規募集のお知らせ [PDFファイル/285KB]

「平成29年度宮城県地球温暖化防止活動推進員」 募集要項 [PDFファイル/346KB]

1.募集案内

(1)応募資格(以下の全てを満たす方)

ア 県内にお住まいの概ね18歳以上の方で,推進員として地球温暖化に関する普及啓発や地域の温暖化防止活動の推進に熱意をもって取り組んでいただける方

イ 県が進める温暖化施策について御理解と御協力をいただける方

ウ 全ての養成研修に,御出席いただける方

(2)募集期間

平成29年7月3日(月曜日)から8月31日(木曜日)まで

(3)申込方法

 申込書等に必要事項を記入し,ストップ温暖化センタ-みやぎ(研修実施機関)に郵送又は直接持参により,平成29年8月31日(木曜日)(当日消印有効)までに,提出願います。

「平成29年度宮城県地球温暖化防止活動推進員」 募集要項(再掲)

○様式1 宮城県地球温暖化防止活動推進員 申込書
 ・Word版 [Wordファイル/42KB] / PDF版 [PDFファイル/42KB]

○様式2 履歴書
 ・Word版 [Wordファイル/111KB] / PDF版 [PDFファイル/83KB]

○本養成研修ホームページ
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kankyo-s/suisinin-yousei.html

(4)募集人員

30名程度

(5)受講費用

無料

2.養成研修の内容

研修内容(予定)は以下のとおりとなります。

養成研修内容
月日時間内容(予定)場所
1平成29年10月28日(土曜日)午後1時~午後4時30分県施策紹介,地球温暖化の基礎知識,推進員制度についてフォレスト仙台2階 第5会議室
2平成29年11月11日(土曜日) コミュニケーション能力の習得フォレスト仙台2階 第1会議室
3平成29年12月2日(土曜日) 現推進員との交流フォレスト仙台2階 第7会議室

3.申込み・問合せ先

【申込み】

 ストップ温暖化センターみやぎ

 〒981-0933 仙台市青葉区柏木一丁目2-45(公益財団法人みやぎ・環境とくらし・ネットワーク内)

  電話:022-301-9145 Fax:022-219-5710 E-mail:stop_gw@miyagi.jpn.org

【お問い合わせ】

 宮城県環境生活部環境政策課温暖化対策班

 〒980-8570 仙台市青葉区本町三丁目8-1

  電話:022-211-2661 Fax:022-211-2669 E-mail:kankyoe@pref.miyagi.lg.jp

【参考】

≪地球温暖化防止活動推進員について≫

○「地球温暖化防止活動推進員」制度は,「地球温暖化対策の推進に関する法律」において設置された制度で,平成28年7月現在,全国46道府県で約6,600人が推進員として活動しています。(宮城県は平成29年4月現在48人)

○推進員は,自らの企画や県・市町村・各種団体(宮城県地球温暖化防止活動推進センターなど)の要請により,地球温暖化防止のための正しい知識・対策の普及啓発をボランティアで行っていただきます。 

○推進員の活動として,例えば,次のような活動が想定されます。
 ・地域の学習会などでの講演や実演を通して,効果的な省エネ対策についてアドバイスを行う。
 ・地域や家庭における温暖化対策(省エネルギーなど)について,県民からの相談にのり,消費電力測定機器などを用いた調査を活用して,現地の実態に応じた診断や具体的なアドバイスを行う。
 ・県,市町村,各種団体の主催する地球温暖化関連イベントへの協力(省エネ対策のデモンストレーションなど)や連携により,主催者とともに温暖化防止に向けた取組を多くの皆さんに呼びかける。

≪推進員活動における留意事項≫

(1) 推進員は公務員の資格を有するものではありませんので,委嘱により何らかの権限を持つことはありません。

(2) 推進員の活動は,ボランティアでお願いすることとなり,県から謝金や交通費の支給は行いません(依頼先から謝金等が出る場合,受け取ることは問題ありません)。また,基本的に自主的な活動を行っていただくものであり,県が全ての推進員の活動の場や機会を保証するものではありません。(県は,活動に伴うボランティア保険への加入,各種情報の提供等により推進員の活動支援を行います。)

(3) ストップ温暖化センターみやぎが行う環境出前講座への講師派遣やイベント出展において,推進員に協力を依頼することがあります。なお,ストップ温暖化センターみやぎは,推進員のスキルアップ研修・交流会の実施や教材貸出しなど推進員の活動支援を行っています。(ストップ温暖化センターみやぎについては後述)

≪ストップ温暖化センターみやぎについて≫

○宮城県では,県内における地球温暖化対策の推進を図るための普及啓発・調査・照会・相談活動などを行う拠点として,平成12年5月に(公財)みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(通称MELON)を宮城県地球温暖化防止活動推進センターとして指定しました。

○MELONでは,このセンター部門を「ストップ温暖化センターみやぎ」という名称で運営しており,推進員の活動についても,研修会や活動の場の提供など様々な形で支援を行っています。


担当課への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)