ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴東北楽天ゴールデンイーグルスが宮城県に及ぼす経済効果について(震災復興・企画総務課)

東北楽天ゴールデンイーグルスが宮城県に及ぼす経済効果について(震災復興・企画総務課)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月25日更新
このリリースの担当課(所)

記者発表資料
平成28年1月25日
震災復興・企画部
震災復興・企画総務課企画調整第一班
内線:2414 浅野・井出

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

東北楽天ゴールデンイーグルスの経済効果について

概要

2015シーズン終了による観客数の確定を受け,アンケート調査※1や楽天野球団からのヒアリングを基に,東北楽天ゴールデンイーグルス一軍ホームゲームの開催が宮城県内にもたらした経済効果※2を推計した。

推計に当たっては,観客動員実績を基に一試合当たりの観客数を21,417人,観客一人当たりの消費額を8,015円(日帰り客)とし,一軍ホームゲーム開催時の観客消費による経済効果を宮城県産業連関表(平成17年)※3を用いて算定した。

推計の結果,ゲーム開催による観客の入場料,交通費,飲食費やグッズ購入費などに伴う直接効果が約127億円,直接効果から生じる各産業への波及効果(1次,2次)が約79億円と推計され,合わせて約206億円の経済効果が見込まれる。

レギュラーシーズンで比較すると過去最高だった2014シーズンから約6億円の減少となった。

なお,シーズンの総計(レギュラーシーズンにクライマックスシリーズ及び日本シリーズの済効果を加えたもの)との比較では過去最高だった2013シーズンから約24億円の減少となった。

詳細についてはコチラからダウンロードできます。 [PDFファイル/121KB]


※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)