ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 県政・地域情報 > 県政情報・財政 > 広報・広聴 > 秩父宮スポーツ博物館巡回展(東北歴史博物館)

秩父宮スポーツ博物館巡回展(東北歴史博物館)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月18日更新
このリリースの担当課(所)

記者発表資料
平成28年1月18日
東北歴史博物館情報サービス班
担当:白谷(022-368-0106)

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

 

タイトル画像

秩父宮記念スポーツ博物館巡回展-2020年東京オリンピック・パラリンピックがやってくる-

東北歴史博物館では標記巡回展を下記のとおり開催します。

秩父宮記念スポーツ博物館(現在長期休館中)は,1959年に旧国立競技場内に開設された日本で唯一の総合スポーツ博物館で,秩父宮殿下ゆかりの資料をはじめ,約6万点を所蔵しています。

 本巡回展は,同館所蔵資料を有効活用しつつ,来る2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックへの機運と,スポーツ全般への興味・関心を高めることを目的として企画したものです。1964年東京オリンピックを中心に,我が国とオリンピックとの関わりを豊富な資料を通して紹介します。

本展を復興支援の一助にしたいという主催者の願いから,ここ宮城が2番目の開催地となりました。宮城会場では,羽生結弦選手や荒川静香選手をはじめ,宮城県ゆかりの選手に関する資料も勢揃いします。

 開催に先立ちまして,開会行事(オープニングセレモニー)を行いますのでお知らせします。

1 会期

平成28年1月23日(土曜日)~3月13日(日曜日) 開館日数44日間

2 会場

東北歴史博物館 特別展示室

3 主催  

独立行政法人日本スポーツ振興センター

特定非営利活動法人日本スポーツ芸術協会

公益財団法人日本オリンピック委員会

東北歴史博物館

4 後援

公益財団法人日本体育協会

公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会 他

5 協力

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

6 展示構成

第1章 日本のオリンピック参加黎明期

第2章 1964年第18回夏季東京オリンピック・パラリンピック

第3章 日本で行われた冬季オリンピック/札幌・長野

第4章 新しい日本そして輝く未来へ

第5章 宮城とオリンピック

7 開 会 式

(1)日時

平成28年1月23日(土曜日)午前9時から(受付:午前8時40分~)

(2)場所

東北歴史博物館1階 特別展示室前ロビー(当該展入口附近)

(3)次第

イ 開会[9時00分]

ロ 主催者紹介

ハ 主催者挨拶

ニ 開催館挨拶

ホ 来賓,後援団体及び協力者紹介

ヘ テープカット

ト 閉会[9時20分]

チ 展示案内

学芸職員が展示の見どころ等をご案内します。

参考URL:http://www.thm.pref.miyagi.jp/exhibition/

開催要項 [PDFファイル/405KB]はこちら

チラシ [PDFファイル/1.14MB]はこちら


※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)